2007年09月02日

ハインズ博士「超科学」をきる―真の科学とニセの科学をわけるもの テレンス ハインズ

お気に入りフレーズ
・こっくりさんは無意識の筋肉運動によるもの
・大半の大人の悩みは次の3つ
異性・金銭・健康
・ノストラダムスはちんぷんかんぷんな詩を書いただけであり、
正確な予言などしていない
・トリックがあばかれてからも、毎秒毎秒カモは生まれてくる
・オーストラリアの鉱山開発会社ザネックス社は
35万オーストラリアドル支払って、
ユリゲラーに鉱山のありかを聞いた
・信じる者は、疑う者よりも堅い信念を持ちやすく、
決して信念を変えたりしない傾向を持つ、かなり狭い心の持ち主である
・占星術は、歴史的にも論理的にも理論的にも欠陥だらけである
・健康詐欺によるアメリカ国民の損害は、
少なく見積もっても年間100億ドル
・人の体重はある程度遺伝子によって制御されている
・サッカリンは肥満や糖尿病患者にとっては、
ガンへの危険度よりも、恩恵が多い
・プラスイオンとマイナスイオンの違いは確かに人間の行動に
影響を与えるが、微々たるものであり、わざわざマイナスイオン
製造機を買う必要など無い
・ドンファンはフィクション
・振り子は、「振り子を見ること」「動くと想像すること」で、
動きが大きくなる
・性的な刺激を持つ埋め込みは、宣伝効果を増す

自己に適用してみる
・嘘がバレても、信者はついて来る
・デメリットばかり見てないで、メリットと比較する
・埋め込みは効果がある

お勧め度
★★★☆☆
posted by riu at 21:13| Comment(22) | TrackBack(1) | ★★★☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

犯罪の心理学―なぜ、こんな事件が起こるのか 中村 希明

お気に入りフレーズ
・ルサンチマン=弱者の強者に対する内攻した憎悪
・嘘をつき、本人まで嘘と真の区別がつかなくなるタイプを
空想的虚言者と呼ぶ
・誤った仮説が偽証を生む
・改めてこの本に取り上げた犯人像を読み返してみると、
彼らが皆恵まれない星の本に生まれ育った人たちばかりだった
という感想がある

自己に適用してみる
・不幸な人が犯罪をするわけでは決してないが、
犯罪をする人が不幸であったことはよくある
・誤った仮説にもとづき、物事を決め付けないようにする

お勧め度
★☆☆☆☆
posted by riu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。