2007年09月01日

犯罪の心理学―なぜ、こんな事件が起こるのか 中村 希明

お気に入りフレーズ
・ルサンチマン=弱者の強者に対する内攻した憎悪
・嘘をつき、本人まで嘘と真の区別がつかなくなるタイプを
空想的虚言者と呼ぶ
・誤った仮説が偽証を生む
・改めてこの本に取り上げた犯人像を読み返してみると、
彼らが皆恵まれない星の本に生まれ育った人たちばかりだった
という感想がある

自己に適用してみる
・不幸な人が犯罪をするわけでは決してないが、
犯罪をする人が不幸であったことはよくある
・誤った仮説にもとづき、物事を決め付けないようにする

お勧め度
★☆☆☆☆
posted by riu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

なぜ人はニセ科学を信じるのか―UFO、カルト、心霊、超能力のウソ マイクル シャーマー

お気に入りフレーズ
・用心しつづけることが自由をもたらす
・親にとって最大の恐怖は子供の死であり、我が子を失った人々は
霊能者の言いなりとなり、心の平穏を得たいと願う

自己に適用してみる
・安易に物事を信じないようにする
・疑ってかかるからこそ、その先に絶対なる信頼が待っている

お勧め度
★☆☆☆☆
posted by riu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

ICHIRO―セーフコ・フィールド物語 イチロー担当記者グループ

著者紹介
・鈴木 一朗(すずき いちろう)
・1973年10月22日
・愛知県西春日井郡豊山町出身のメジャーリーガー
・右投左打
・ポジションは外野手
・愛工大名電高校→オリックス・ブルーウェーブ(1992年 - 2000年)→シアトル・マリナーズ(2001年 - )
・妻は元TBSアナウンサーの福島弓子
・次男である
・兄は一泰(ファッションデザイナー)
・代理人はトニー・アタナシオ。

お気に入りフレーズ
・「メジャーで身に付けたものはやがてプロ野球界に還元されていく。
一時的に低迷しても、長い目で見ればカンフル剤として機能する」
・全体練習が短く、個人練習が長い
・プレーヤー各自が目標を持って自分のスタイルを確立しようと取り組んでいる
・マイケルジョーダン「まわりに流されず、常に自分の世界を持て」
・機会があれば盗塁するが、意味のない盗塁はしない
・早く自分の好きなことを見つけ、その目標に向かって頑張る
・球団のオールスター割り当てチケットに自ら応募していた

自己に適用してみる
・目標を持つ
・周りに流されず、自分を信じる
・自分の役割を大きな視野から把握する

お勧め度
★☆☆☆☆

posted by riu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

なぜ人はニセ科学を信じるのか―UFO、カルト、心霊、超能力のウソ マイクル シャーマー

お気に入りフレーズ
・用心しつづけることが自由をもたらす
・親にとって最大の恐怖は子供の死であり、我が子を失った人々は
霊能者の言いなりとなり、心の平穏を得たいと願う

自己に適用してみる
・安易に物事を信じないようにする
・疑ってかかるからこそ、その先に絶対なる信頼が待っている

お勧め度
★☆☆☆☆
posted by riu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

CIA洗脳実験室―父は人体実験の犠牲になった ハービー・M. ワインスタイン

著者紹介
・1942年カナダ生まれ
・マッギル大学(カナダ)、イエール大学を卒業
・精神科医
・スタンフォード大学・コーウェル・スチューデント・
ヘルスセンター所長

お気に入りフレーズ
・キャメロンの実験室とオウムの洗脳テクニックは、類似点が多い
・人は何も無い真っ暗な部屋に長時間拘束されていると、
変性意識状態に陥り、洗脳されやすくなる
・CIAと米軍は、洗脳技術の開発を目的としたプロジェクトを続けている
・1974年、集団訴訟の結果、アメリカ政府は、洗脳実験の
生存者と家族に1000万ドルを支払った
・宗教の空白が一番怖い
・オウムは、信者の頭に高圧電流を流すなど、1950〜1960年代に
かけて開発された洗脳テクニックを忠実に再現した

自己に適用してみる
・国家は、犯罪をおかす
・知らず知らずのうちに洗脳されることがないよう気をつける
・心の空白に、カルト宗教につけこまれぬよう、距離を置く

お勧め度
★☆☆☆☆
posted by riu at 11:22| Comment(1) | TrackBack(1) | ★☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

親と子のインターネット&ケータイ安心教室 野間 俊彦, 矢沢 久雄

著者紹介
野間 俊彦
・赤羽台西小学校主幹
・インターネット伝道師
矢沢 久雄
・グレープシティアドバイザリースタッフ
・雑誌記事や書籍の執筆
・セミナーやカンファレンスにおける公演を精力的にこなす

お気に入りフレーズ
・インターネットにはとても危険なことがあるが、しかし、
それを補って余りある素晴らしいことがある

自己に適用してみる
・大変なこともある、しかし、それを補って余りある素晴らしいことが
ある。っていうフレーズは使えるな^^

お勧め度
★☆☆☆☆
posted by riu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

ディスレクシアなんか怖くない! ロナルド・D・デイビス

著者紹介
・1982年、ディスレクシア矯正センター設立
・1995年、デイビス国際ディスレクシア協会創立
・彫刻家
・元ディスレクシア

お気に入りフレーズ
・ディスレクシアとは、失読症・難読症・読字障害のこと
・適切な教育的支援で、かなりの部分でフォローできる
・私達は、何か新しいことを子供に教えるたびに、その子自身が
何かを生み出す可能性の芽を摘んでしまっているのです
・有名なディスレクシア
レオナルドダヴィンチ、ネルソンロックフェラー、
クェンティンタランティーノ、アルバートアインシュタイン、
ウーピーゴールドバーグ、ハンスアンデルセン、ウォルトディズニー

自己に適用してみる
・何かひとつの能力が劣っているようにみえるからといって、
そのことだけで、ダメな人間だと決め付けないこと
・人の良い所を探すこと

お勧め度
★☆☆☆☆
posted by riu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

刑事の技術 野元 泰秀

著者紹介
・元熊本県警刑事
・会計事務所
・経営コンサルタント

お気に入りフレーズ
・したたかにハッタリをかませ
・風体を決める
・持ち物に気を使う
・負けても逃げない
・相手の出方しだいで態度を変える
・ウソをつかせる
・相手の損得を考える
・相手よりも2センチ低く目線をとる
・工夫してうなづき、たくさん相槌を打つ
・たくさんのハイを築き、最後のハイを引き出す

自己に適用してみる
・負けることは恥ずかしいことではない、でも逃げちゃダメだ
・中身も大事だが、外見も大事

お勧め度
★☆☆☆☆
ラベル:刑事 交渉
posted by riu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。